Translation

気をつけよう

翻訳会社を探すときに注意をすべき点

外部、とくに国外へ向けて文章を作りたい、しかし社内にはできる人間がいないという時に利用するのが翻訳会社です。 この翻訳会社ですが、現在は様々な会社があり、そのサービスも千差万別です。納期が早いが価格が高い会社、安いが納期のかかる会社。 会社を選ぶ際に気になるのは価格ですが、気をつけなければならないことがあります。 低価格で翻訳をするためには、翻訳会社では当然その分のコストを下げなければなりません。その場合、どこでコストを下げるかといえば、翻訳料です。翻訳料が安い翻訳者に頼めば、安く仕上げることができます。しかし、ここで問題が発生します。企業の文章の場合、言葉に専門性がある場合があります。その言葉の日本語と対応言語、その両方に精通していなければうまい翻訳はできません。 翻訳会社を選ぶ際には、翻訳してもらいたい文章の内容に合わせて会社を探すべきです。

会社を探すときに重要なこと

そのように専門性がある文章を翻訳する会社を探す際、チェックすべき項目があります。 翻訳会社のほうでアピールしている専門項目を確認するのも大事ですが、それ以上に、その会社の取引実績です。取引実績を見ることによって、どのような会社がその翻訳会社に頼んでいるかがわかります。専門性の高い内容を扱っているような会社との取引があるならば、比較的信頼できる会社と見てもよいでしょう。 会社によっては翻訳者を一部紹介している会社もあります。自社の頼みたい専門分野に精通している人がいるかどうか確認してから頼んでみるのも良いでしょう。 他国向け展開をする際に、その国に向けた言語へと翻訳をするのは大事なことです。しかし、その内容が支離滅裂では意味がありません。しっかりと、会社を選ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加