Translation

歴史の古い業界

翻訳会社は割と新しいものである

翻訳会社とはその名の通り外国の書類等を翻訳して日本の企業に提供する会社であり、貿易関係や海外に進出する企業も増えてきたことからその需要は増えてきている。日本での翻訳会社自体は割と歴史は新しく、現在ある翻訳会社の中で最も古くても1960年代の設立である。 そこから現在まで約50年、翻訳といえば主に英文の資料等を日本人に分かるように訳することと考えられてきた。しかし、歴史が進むにつれ英語のみならずそのほかの言語、主にめまぐるしい発展を遂げている中国やインドなど翻訳業務の幅広い対応が求められるようになってきている。 それにより、最近は英語だけでなく中国語等の新たな言語に業務を広げている翻訳会社やその言語をピンポイントに狙った会社も新たに設立されている。

翻訳の質も重要視される時代に

先述したとおり、最近は英語だけではなく中国語など多くの言語の翻訳を必要とされている時代になっている。それに応じて翻訳の質というのも非常に重要視されるようになっており、ただ単に文章を翻訳するだけではなく、日本人にわかりやすく元の文章の言いたいことを訳すという技術が求められるようになってきているのである。 そのため、翻訳会社は翻訳者だけでなくその言語のネイティブスピーカーを雇用し「意訳」に重きを置いた翻訳業務を行うようになってきているのである。言語が違うと言いたいことの表現の方法も変わってくるため、今後は様々な言語において言いたいことを正確に、分かりやすく翻訳するということが翻訳会社に求められるであろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加